スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
ダナン&ホイアン②
午前中ホーチミンを出発して、昼にはダナンに到着。
ホテルへは時間より早いけどチェックインさせてもらえたので
タクシーで1時間弱のホイアンへ行ってきました。
ホーチミンと違って車が少なく、どんどん走れるので、
タクシーで1時間っていうとかなりの距離走るわけで、
当然タクシー代は結構高い。。。

まずは昼ごはん。
ホワイトローズを食べたくて、ガイドブックに載っていたTrung Bacに入りたかったのですが、満席っぽい。
どこの国のガイドブックにもこの店は紹介されているってことなのかしら?
しかたなく、隣の店へ。
メニューはTrung Bacと似たような感じ。
でも、とかく売れてる店の隣は大したことなかったりするのよね。。。
P7301054_convert_20110814161749.jpg Trung Bacの隣の店(名前?)
ランチセットは何種類かあって6万ドンか7万ドン(240or280円)だったと思います。
私達は、ホワイトローズ・揚げワンタン・揚げ春巻orつくね・カオラウorミニバインセオのセットとビールを注文しました。
P7301056_convert_20110814161946.jpg P7301057_convert_20110814162020.jpg
P7301058_convert_20110814162049.jpg
P7301059_convert_20110814162126.jpg P7301060_convert_20110814162155.jpg
量は軽めです。

腹ごしらえしてから、観光チケットを買って博物館や旧家など見ながら街歩き。
P7301070_convert_20110814164530.jpg
観光チケット、5枚綴り9万ドン。
地球の歩き方'10~'11版では、
①4か所の博物館
②3か所の中華会館
③4か所のオールドハウス
④2か所の無形文化館(伝統音楽コンサートと手工芸品ワークショップ)
⑤その他(クアンコン廟、日本橋、等)
の部類からそれぞれ1か所ずつしか見られない、ように書いてありましたが
規定が変わったのか、どれでも5か所OKのようでした。
地球の歩き方を信じて、それぞれ1か所を律義に選んでおいたのに、、、

P7301063_convert_20110814163037.jpg 福建会館。ぐるぐる線香と願い事を書いたお札。

P7301062_convert_20110814162959.jpg レトロな床屋。

P7301066_convert_20110814163108.jpg 提灯。夜は雰囲気ありそう…

P7301069r_convert_20110814163151.jpg
この時期中部は南部のホーチミンより暑くて、曇りの日だったけど休憩せずにはいられません。
立ち寄ったカフェ、私達と従業員以外は欧米人。
街並はどこかヨーロッパ風で、歩く観光客も欧米人率が非常に高い。
ここはどこ?海外旅行してる気分でした。

P7301084_convert_20110814164709.jpg P7301083_convert_20110814164643.jpg Image0006_convert_20110814164729.jpg
木造家屋での伝統音楽コンサート。
1日2回のコンサート、この時間に合わせて街歩きしていたので時間近くになったら即、席を確保しました!
私は笛吹きなので、横笛が左向きなのが印象的でした。
ベトナムの横笛って左向き?いや右向きも見たことある…
奏者の効き手によるのかな?…謎です。

ホイアンの古い町並みは狭い範囲にあるので歩いて散策するのにちょうどよかったです。
西洋と東洋が混じりあった、なんとも独特の雰囲気がとても気に入ってしまいました!


↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村














スポンサーサイト
[2011/08/14 17:00] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ダナン&ホイアン①
もう2週間経ってしまいましたが、知人の結婚披露宴に出席するため、
ダナンへ行ってきました。
せっかくなのでリゾートホテルに泊まってみようかと。

Silver Shores International Resort (8 Son Tra Dien Ngoc, Danang)

プロモーション中で1室130.9ドル(朝食込、ただし部屋はDeluxe City View)

P7301050_convert_20110814153721.jpg
全体に木が多く使われていて、若干臭います…
ベッドの奥はバスルームで、バスタブとシャワー室(ガラス張り)が別。
木の扉は閉められますが、開放感を味わいたければ開けっぱなしでどうぞ(爆)

P7301051_convert_20110814153806.jpg  Image0011_convert_20110814153828.jpg
窓からの景色。シティービューなので海は見えません。
玄関と、通りの向こうには自動車教習所らしきものが!

ちなみに海側はこんな感じ。緑の中にはプール、その向こうは海。
台風が近づいていて、なんだか恐い空。
Image0007_convert_20110814153904.jpg

このホテルは2010年1月ソフトオープンしたとかのまだ新しいホテルで、
まだ出来上がってない部分もあり、工事の音がちょっと…

そして中国系なのか、至る所漢字で併記されて最初は安心感があったのですが、
お客はほとんど中国人でうるさいし、マナーは悪い、
ビュッフェレストランではサービス係に中国語で話しかけられ、
何だかマイノリティを感じてしまいました。。。

ベトナム人スタッフの対応は可もなく不可もなく。
このホテル悪くはないけど、もう泊らないだろうな…

つづく。。。


↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
[2011/08/14 16:07] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
タイ最終日
最終日、朝食のビュッフェでまたまたうれしくなってたくさん食べてしまった。
ホーチミン戻りのフライトは15:55だから、ホテルを12:30ころ出れば間に合うはず。
10時少し前にチェックアウトして荷物だけ預け、ダンナと買い物に行く。

伊勢丹でダンナはハーフパンツ、私はポロシャツを買う。
そして和菓子屋さんでどら焼きを買って、ご満悦。
P4271006_convert_20110427181324.jpg

このどら焼きは帰宅してから食べたが、シティーマートのどら焼きとは違って、皮の生地もしっとりしてあんこも程よい甘さ、泣きそうになった。。。

昼食はあまり時間がないので、またしてもパラゴンのフードコート。
二人して違う店のチキンライスを食べる。
チャージしたカードを返金してもらおうと思ったら、カードがない!
どうもドリンクを買ったときでカードを返してもらうのを忘れたらしい
あぁ~70Bあったのに…って、たかが210円くらいのものですがね(笑)

ホテルで荷物を受け取り、タクシーで空港へ。
繁華街は渋滞するのを見込んで早めに出発していたので、渋滞にもあわてなかったが、空港までの道のり半分以上は行ったくらいで渋滞が始まった。
なんだ?と思ったら、事故、ビール運搬車が横転していた。
あ~あ、シンハビールが粉々に…もったいない!

空港でチェックインする。
Air Asiaのセルフチェックイン機があったので、それを使えば早いそうだが、カウンターの行列はそれほどひどくなかったので普通に並び、イミグレもスムーズに通過。
いろんなブログでバンコクの混雑はひどいと読んでいたので、拍子抜けした。

搭乗ゲートは一番端なので遠い。
免税店を冷やかしながら、ひたすら歩く

20分ほどディレイ。
やっと搭乗となった時、並んでいたはずなのにいつの間にかベトナム人が割り込んでくる。
本当に、どうしてベトナム人は並べないのかしらね。。。

6:00ころ、ホーチミン到着。
ダンナが一緒だとタクシーカード(法人契約のメンバーズカード)があるので、マイリンタクシーやビナサンタクシー(安心なタクシー)をすぐに呼んでもらえて助かる。
私が一人だとカードがないのでタクシーをなかなか呼んでもらえず、待たずに乗るには、出発階まで上がってお客を下したタクシーに乗らなくてはならないので面倒だけど。。。

「夕食、何にする?」
実はタイでパッタイ(タイ風焼きそば)を食べそこなったので食べたかったが、タイで食べずにベトナムで食べるのもくやしいし、どうにもキムチが恋しかったのでアパートの近所の韓国料理屋に行った。
キムチが恋しいだなんて、いかに普段、韓国料理を食べているかだよね。

帰ってきたホーチミンの街はバンコクに比べると薄暗いし、田舎くさく感じた。
物価はそれほど高くない、物は豊富、人は優しい…旅行するのにタイはいいところです。
住んでみたら、それなりにいやなところもあるんだろうけど、ホーチミン在住者からみれば天国のように見えました。

ふふっ、一人でも行けることがわかったし、ダンナの留守にこっそり行っちゃおうかしら…

↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
[2011/04/27 18:18] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
タイ2日目、ディナークルーズ
夕食はマリオットリゾートホテルのマノーラ号ディナークルーズ、豪勢に一人2000B!
泊まっているホテルからBTSに乗り(30B)サパーンタクシン下車、駅近くの船着場からクルーズ船に乗った。
本来出発点はマリオットホテルの船着場でもう少し川の下流になるのだが、そこまで移動するのももったいないので、予約時に途中乗船することを連絡済。
でも、いざ船着場へ行ってみるとリバーサイドの各ホテル、サービスアパートのシャトル船も来るので、どこにいればいいのか不安になってしまった。
定刻通り私たちが乗る船、マノーラ号が来てサービス係の人が「○○さんですか?」と英語で聞いてくれた時、本当にほっとした。

料理はタイ料理のセットメニューで前菜、スープ、メイン、デザートとそれぞれ運んでくれる。
まず、ビール! タイといえばシンハビール。(ちなみに飲み物代は別途)
P4230968_convert_20110427172612.jpg

前菜
P4230972_convert_20110427172527.jpg 野菜スティックと辛みそディップ
P4230970_convert_20110427172656.jpg
葉っぱに干しエビ、干し豚肉、ナッツなど巻いて食べる。この葉っぱは臭くないので食べやすい。
P4230975_convert_20110427172748.jpg さつま揚げ、かき揚げ(みたいな物)

メイン
P4230989_convert_20110427172824.jpg
手前左、チキンレッドカレー、ココナッツ風味でまろやか、辛くない。
手前右、シーバス炒め物。
奥、牛肉黒こしょう炒め。

デザート
P4230990_convert_20110427172904.jpg
マンゴーとココナッツライス、甘いごはん…不思議な味。
そしてコーヒー(or 紅茶)。

川沿いの寺院や歴史的な建物がライトアップされて美しい。
昼間のツアーで雨の中対岸から見たワットアルンもライトアップされさらに美しい。
P4230999_convert_20110427165735.jpg
P4230963_convert_20110427165703.jpg ちなみに昼間


料理も食べなきゃいけないし、景色も見たい、写真も撮りたい、2時間半のクルーズは結構忙しかったです。
ディナークルーズはいろいろなホテルがやっているけど、ここのはビュッフェ形式じゃなく、席に座っていられたからのんびりできた方だと思います。

↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
[2011/04/27 17:49] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
タイ2日目、半日観光
午後からダンナと合流して、パンダバスのバンコク半日観光ツアー。
エメラルド寺院、王宮、ワットポー、ワットアルンの見学。

エメラルド寺院は金箔が貼られた仏塔、鏡や色石の小片がタイルのように埋め込まれていて、豪華絢爛。
P4230923_convert_20110427165317.jpg

本尊はエメラルドと言うけれど実はヒスイ製、でも美しい。
こんな豪華なお寺があるなんて、タイの王朝は豊かだったのかな。

同じ敷地内に王宮があり、ヨーロッパ建築とタイ建築が合体していた。
衛兵の交代があり、衛兵たちが目の前を歩いて行った時は、抱えている銃に目がいってしまった。
王宮(中には入れない)の入口には衛兵が立っていて、一緒に写真を撮っても大丈夫なのだが、彼らは決して笑顔を見せない。
いろんな角度から観光客が写真を撮るので、目線をキョロキョロさせているのがおもしろかった。

所要時間1時間くらいだったが、空が真っ暗になってきて風も吹いてきた。
P4230917_convert_20110427165400.jpg 到着時

P4230953_convert_20110427165438.jpg 1時間後
(私って写真が下手ですね、曇天の方が明るく見える…
下の写真は木の影がなくなってるから、曇りってことで。。。)

これは、来るねぇ、と言っているうちにポツポツ、ザァーと大雨。
ツアーの車で移動、ワットポーへ。

横たわる黄金の涅槃仏で有名なワットポー。
仏様の周りをぐる~っと一周見て回った。
P4230954_convert_20110427165550.jpg 前から
P4230962_convert_20110427165624.jpg 後頭部

雨はなかなか小降りにならない。
最後は、三島由紀夫の『暁の寺』に出てくるワットアルンの見学で、本来なら川を船で渡って寺の塔に上るはずだったが、雨がひどいので川は渡らず対岸から見るだけになった。
P4230963_convert_20110427165703.jpg
かなり急な塔なので、たとえ晴れていても上るのはちょっときつかったな。


ツアーは出発地近くで解散するため、戻る車中、ガイドさんがいろいろ説明してくれた。
ある通りは、「電気製品、パーツがたくさん売っていてタイの秋葉原です。でも日本にはないものが売っています。それは銃です。」と言う。
本当にライフルが並んだ店が何軒もあった。
あんな普通に通りに面した店だなんて、お金さえ払えば誰でも銃を買えるんだろうか? 強盗に襲われることはないんだろうか?

解散してホテルへ、ダンナはチェックインする。
少し休んで、夕食はマリオットリゾートホテルのディナークルーズへ。
雨がやまなかったらどうしようかと思ったが、ホテルを出る前にはやんでいた。

↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
[2011/04/27 17:10] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
サイゴンでぴ~ひゃらら


ある笛吹きのベトナム、ホーチミン駐妻日記

プロフィール

笛吹花子

Author:笛吹花子
ようこそ!
生まれは石川、静岡→岐阜→福岡と
流れ流れて今度はベトナム。
笛に出会って、はや○○年。
ベトナムではどんな音が響くのか楽しみです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。