スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
異国の夏の「春の海」
8/6、ホーチミン在住箏演奏家、飯野宏美さんがお弟子さんのためにお箏のおさらい会を開きました。
そこで私は光栄なことに、フルートで助演させていただきました。

ある5月の日、一時帰国して日本でのんびりこいていた私の所に1通のメール。

「春の海を合わせてくれませんか?」

「春の海」はお箏と尺八の曲だけど尺八のパートをバイオリンやフルートで演奏することもある。
日本のフルートのレッスンでは誰でもやる曲。
もしかして今の若い人はやらなかったりして…^_^;
レッスンではピアノ伴奏の譜面だったけど、ピアノとさえ合わせたことがない。
お箏と合わせられる機会はなかなかないいいチャンス!

そのころすっかり練習をさぼっていた私だけど、日本の自宅に置いてある練習用のボロ楽器でせっせと練習を始めた。
いろいろな音源を聴き参考にしてはみたものの、西洋音楽と邦楽はずいぶん違う。
特に拍子感が独特で、どうもつかめない…

ホーチミンに戻り、初めて合わせた日、やっぱりタイミングはなかなかつかめない。
西洋音楽とは全く違う拍子感なのに、どこか共感できるのは、私の中の日本人としての血のせいかなとちょっとうれしくなった。
これは日本にいたらきっと感じなかった気持のような気がする…

しかし、練習の録音を聴いて、自分の演奏があまりにひどいのに愕然。
今さら投げ出すこともできないので、あきらめずに調整を続ける。
タイミングだけは絶対に合わせて見せる!とちょっと《千秋先輩》になってみたりして。

いよいよおさらい会。

お弟子さんたちはお箏を初めてまだ日が浅いのに、誠実な落ち着いた演奏。
きっと師匠の教えの賜物だね。

前半はお弟子さんたち、後半は私と宏美さん、箏演奏家・長尾弥生さんと宏美さんの合奏。
私は、邦楽を理解するには程遠かったけど、慣れてきていた。
限られた招待客だけの中での演奏、こんなに恐い本番は久しぶり。
そもそも、お弟子さんのために開かれたおさらい会、絶対に失敗はできない。

P8071125_convert_20110809003940.jpg

緊張で硬くなってしまって思うようには吹けなかったけど、事故もなかったので、ホッ。
お客様からは「尺八に聞こえた!」とのご感想。
フルート吹きとして喜んでいいのか微妙なお言葉だけど、アンサンブルとして違和感がなかったという意味に解釈して、成功のうちに入れておきましょうか。

宏美さんの素敵な箏の音に包まれ、邦楽の世界にほんの少し触れ、自分の課題も実感でき、一生忘れられないベトナム生活のいい思い出になりました。

↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[2011/08/09 01:12] | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |
TOYOTAコンサート
7/16、ホーチミン市民劇場で「TOYOTAコンサートツアー」がありました。

9の日のいつものコンサートより観客の日本人率が高かったり、ベトナム人も多かったり、雰囲気が違いました。
開演時間も、いつもの9の日は時間通り始まるのにちょっと遅れての開演。

プログラムは。。。
バイオリンソリストDo Phuong Nhiさんと本名徹二さん指揮、ベトナム国立交響楽団

演目は。。。
ビゼー/歌劇《カルメン》より前奏曲
サン=サーンス/序奏とロンドカプリチオーソ op.28
ルロイ=アンダーソン/タイプライター
ルロイ=アンダーソン/ワルツィングキャット

指揮者に挑戦コーナー
オッフェンバック/オペレッタ《天国と地獄》より序曲

ヨハン・シュトラウス2世/歌劇《こうもり》より序曲
ヨハン・シュトラウス2世/ポルカ・雷鳴と電光
ヨハン・シュトラウス2世/トリッチ・トラッチ・ポルカ
ヨハン・シュトラウス2世/鍛冶屋のポルカ

アンコールはたぶん、ヨハン・シュトラウス2世/狩り だったと思います。


携帯電話を切るように、のアナウンスが入らなかったせいか、演奏中携帯電話が何度も鳴って話し声は聞こえるし、まったく迷惑なことです!

さて、演奏は…

私はベトナム国立交響楽団を聞いたのは2年前のTOYATAコンサートと去年ハノイでのマーラー、千人の交響曲のコンサートの2回しかありません。
初めて聞いた時の印象は、若いなというのと、力強さがないなというものでした。
去年のマーラーは細かいことはともかく、演奏者の気合が伝わる、よくがんばった、という印象でした。
今年は、最初の1音から驚いてしまいました。
力強さと張りのある音、気合、バランス感、日本のオーケストラに近い音に感じたからです。
これは、きっと指揮者の信念が団員に伝わって、関係がうまくいっているんだろうなと思いました。
ホーチミンにもこんな指揮者がいてくれたら、オーケストラのレベルも上がるだろうに残念なことです。

今回のバイオリンソリストは、まだ12歳の女の子でコンサートマスター(女性)の娘さんだったようです。
立居振舞はすでに大人並み、演奏もテクニックはなかなかでしたが表現力はまだまだなのでしょう。
指揮者がソリストにずっと向き合って、目線や呼吸、体中で曲想を指示しているようでした。

まあまあ上手だけど、どうして子どもにソロをさせたんだろう?と思ったのですが、このコンサートの収益が若い才能の育成のために使われるということなら、あえて若い奏者を起用するのもわかる気がします。
実際、大歓声を受けていましたから。
きっと海外のいい音楽学校で勉強できれば将来いい演奏家になれるのではないでしょうか。。。

今回のプログラムは軽い、短いクラシック曲ばかり、演出もおもしろくて楽しめました。
パーカッションの男性が大活躍だったのですが、「タイプライター」では事務員の恰好でタイプライターを打つという演奏をし、「鍛冶屋のポルカ」では首にタオルを巻いた作業員姿で鉄を打つという演奏、アンコールの「狩り」では狩人としてライフルを打つという演奏をして目でも楽しませてくれました。
指揮者に挑戦コーナーでは、事前に仕込があったように思われますが、子どもたちが何人か「天国と地獄」を指揮していました。
1番最初に指揮した男の子は、最前列の客席でずっと指揮者のまねをしていたので、やるだろうなと思ったら出てきた!と、客席のみんなが思ったと思います。
どこで覚えたのか、左手でステージ奥の方の奏者に向かって合図してみたり、エンディングでは巻きの合図をしてみたり、終わった後は団員を立たせる合図をしたり。
もう、大うけでした!
あと15年くらいしたら、このホールで指揮してたりして…

でもコンサートの演奏時間がたったの1時間で、ボリュームとしては物足りなさが残るものでした。
ま、このくらいで終わっておかないと、ベトナム人は座っていられないからかもしれませんね。

↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
[2011/07/17 15:26] | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |
TOYOTAコンサートツアー
今年で5回目を迎える、《TOYOTAコンサートツアーベトナム2011》

日程は。。。
ハノイ(オペラハウス) 7/7&8
ハイフォン(市民劇場) 7/10
フエ 7/13
ホーチミン(市民劇場) 7/16

演奏は。。。
バイオリンソリストDo Phuong Nhiさんと本名徹二さん指揮、ベトナム交響楽団

演目は。。。
ビゼー/歌劇《カルメン》より前奏曲
サン=サーンス/序奏とロンドカプリチオーソ op.28
ルロイ=アンダーソン/タイプライター
ルロイ=アンダーソン/ワルツィングキャット

指揮者に挑戦コーナー
オッフェンバック/オペレッタ《天国と地獄》より序曲

ヨハン・シュトラウス2世/歌劇《こうもり》より序曲
ヨハン・シュトラウス2世/ポルカ・雷鳴と電光
ヨハン・シュトラウス2世/トリッチ・トラッチ・ポルカ
ヨハン・シュトラウス2世/鍛冶屋のポルカ

・・・・・・・・・・・

チケットは発売開始されていると聞いたので、昨日ホーチミンの市民劇場まで買いに行ってきました。
劇場入り口左側にチケットブースがあります。
そこのお姉さん、おばちゃんは少々英語ができます。
このコンサートのチラシも置いてありますので、指差しでも買えますよ。
料金は45万ドンでした。
スケッチには20~45万ドンとありましたが、おそらく20万ドンはベトナム人の学生料金だと思います。
ticket2011.jpg
flyer.jpg


今回のバイオリンソリストは、まだ12歳の女の子だそうです。
きっと才能があって、将来ベトナムの音楽界をしょって立つような人になるのでしょう。
興味があります。。。

演目はどこかで聞いたことがあるような軽いクラシック、あまり長い曲はなさそうですから、楽しめると思います。

余談ですが、、、
ルロイ=アンダーソン作曲のタイプライターでは、タイプライターを打楽器として使うのですが、今はコンピューターで文書作成する時代、すでに今の若い人はタイプライターなんて見たことないんじゃないでしょうか。
今に、「タイプライターとは20世紀以前に使われた文書作成機械」とかなんとか注釈されるようになるんだろうなぁ…

↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
 
[2011/06/28 16:33] | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |
5/9 市民劇場コンサート
来週の月曜日、5/9は市民劇場でコンサートがあります。
毎月9月つく日(9日、19日)に開催されるのですが、今回は「ロシアの夕べ」ということで、ロシアの作曲家の作品になっています。

第1部
・ムソグルスキー作曲 歌劇「ホヴァンチシナ」より『モスクワ川の夜明け』
・チャイコフスキー作曲 ヴァイオリン協奏曲
第2部
・ラフマニノフ作曲 パガニーニのテーマによるラプソディ
・チャイコフスキー作曲 序曲「1812年」

今日はチケットを買いに行ったのですが、2階席ありますか?と聞いたけど、またしても、ないって。
う~ん、いつ買いに行けば2階席が買えるのだろうか…
前に1度だけ2階席が欲しいと言ったら買えたのですが、あれから何度買いに行っても2階席を売ってもらえません。
売り切れとは思えないのですが…

9の日のコンサートはホーチミン市管弦楽団、合唱団、バレエ団によるパフォーマンスで(5/9は管弦楽団のみ)、彼らはプロですが残念ながらレベルは高くありません。
日本なら、大学のオーケストラサークル程度のレベルではないかと思います。
聞くたびに毎回、あぁ…と残念な気持ちになるのですが、それでも時折、いい演奏をしてくれることがあって、それを探すのが楽しみになっています。
ここ何回かのコンサートは、最終曲が派手な盛り上がるタイプの曲をプログラミングしているせいか、お客さんの受けがよく、スタンディング・オベーションになります。
私的には、どうしてこの程度でスタンディング・オベーションするかなぁと思うのですが、演奏する側はうれしいでしょう。

今回も最後の曲、「1812年」はエンディングが派手な行進曲なので、きっと盛り上がることと思います。
ホーチミンでクラシックを聴けるチャンスは少ないので、なんだかんだ言いながらも私は楽しみにしています。
チケットは25万ドンとお手軽価格ですから、一度行ってみるのもいいかと思います。

↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
[2011/05/05 22:31] | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) |
明日は9の日コンサート
明日は3月9日、9のつく日は市民劇場でコンサート。

第一部はベートーベンの序曲の他、映画音楽が数曲。
第二部はベートーベンの交響曲第五番「運命」
演奏はホーチミン市交響楽団、指揮はLior Shambadalさんという方が客演されるようです。

今日チケットを買いに行ったら、25万ドンに値上がりしてるし、席は前の方の端だったので、がっくりです。

でも、久しぶりのコンサートなので楽しみです。

4月9日は「展覧会の絵」、5月9日はチャイコフスキーのバイオリン協奏曲や序曲1812をやるそうで、今から楽しみです。
今度は早くチケットを買いに行っていい席で聴けるといいなぁと思っています。
(注・毎月19日もコンサートはやっていますよ。)

↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

[2011/03/08 23:27] | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
サイゴンでぴ~ひゃらら


ある笛吹きのベトナム、ホーチミン駐妻日記

プロフィール

笛吹花子

Author:笛吹花子
ようこそ!
生まれは石川、静岡→岐阜→福岡と
流れ流れて今度はベトナム。
笛に出会って、はや○○年。
ベトナムではどんな音が響くのか楽しみです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。