スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
ミトーへ行ってきました
9/2はベトナムでは今年最後の祝日。
金曜を休みにして日曜まで4連休にする会社も多い中、ダンナの会社はカレンダー通り。
少し前から私が
「ベトナムに住んでいるのに全然旅行してないよねぇ」
「他の友達はアンコールワットとかシンガポールとか行くらしいよ~」
と、すり込んでおいたのが効いたのか、ミトーへの日帰り旅行を申し込んでくれました。

A社のツアーで合計6人。
男子大学生3人と一人旅の女性、私たち。
市内のホテルで4人を乗せ、私たちはアパートの前から合流。

ミトーまでの道は、大荷物を乗せてバイクで田舎に帰る人や、お土産売りでいっぱい。

ガイドさんは道すがら、いろんな話をしてくれていました。
その中で印象に残ったこと…
小さなバンガローのような小屋が何軒も連なっているところがあって、
それはカップルが2,3時間休憩する家だ、と言うのです。
よく見ていると、nha nghi と看板があり、ベトナム版ラブホだと気付いたのです。
ベトナムの女子は身持ちが固いと聞いているので、こんな所に来ても2人っきりで
話すだけなのかも、男子はツライだろうなぁ…とすっかりおばさんの妄想。

ミトーでの観光ポイント、最初は「永長寺」
P9020547_convert_20100905230826.jpg

外に何とも福々しい大仏が鎮座していました。
P9020545_convert_20100905231130.jpg

フランス植民地時代に作られたので、中国建築とフランス風建築が融合したそうです。
中では細工の細かい仏像の前で、お坊さんがお経をあげていて、撮影はOKですが
フラッシュ禁止でした。

ここでトイレ休憩も兼ねていたので、ちょっと失礼して…
P9020546_convert_20100905231058.jpg

ローカルトイレ、、、紙はなかったので持参のティッシュ使用、ゴミ箱へ。
柄杓で水を流します。
思ったよりきれいでした。。。

次は船で島に渡ります。
ココナッツキャンディーの工場(まさに家内制手工業)、はちみつ農園、果樹園を見学。

その後、小舟でジャングルクルーズ。
2人一組でボートを漕ぎます。
P9020573_convert_20100905231249.jpg

たいていはツアー客で、出発して目的地に着いたら大きな船で移動するので、
向こうから戻ってくる小船はお客なし。
昼まで仕事して終了らしい。

最後に昼食。
小舟ツアーの後大きな船でミトーの市内に戻りレストランへ。

Mekong Rest Shop(Km 1964+300 Quoc lo 1,Chau Thanh,Tien Giang)

広い店で観光客がいっぱい。
雰囲気は Quan An Ngon に少し似ていました。
象耳魚、ライスペーパーで巻き巻きしてニョクマムで食べました。
P9020581_convert_20100905231414.jpg

あっさりした白身で巻き巻きもいいですが、そのまま食べた方がおいしいと思ったのは
やはり日本人だからでしょうか…

一緒のツアーの人達と話していると、HCM市内で日本語で感想文が書いてあるノートを
見せるセオムとかマレーシア人、インドネシア人によく声をかけられたとのこと。
危険だから絶対誘いにのっちゃダメですよと注意しましたが、そんな人たちに
ついていくほど不用心な観光客はいませんよねぇ。

帰りもHCMの途中までつながったという高速道路をひた走り、2時間弱。
ツアーの皆さんにお別れの挨拶をして日帰り旅行は終了。
なかなか楽しかったです。

↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2010/09/05 23:28] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<英語の学校 | ホーム | 怖いおばちゃん>>
コメント
昨年の観光訪越時にいきましたよ~
日本語旅行社の扱いで、日本語ガイド付き
ミトー&クチ一日ツアーお昼込みで75USDでした。
お昼はメコンレストストップでした
生春巻、風船餅、象耳魚、あとなんだっけな~
ビール3本呑んだらトイレまでがチト遠ぉ~いんですよね (www
[2010/09/06 19:43] URL | napper #- [ 編集 ]
napper様

クチも行かれたんですか…
1日で盛り沢山だったでしょうね。
昼食をとったレストランは日本語があちこちから聞こえました。
旅先で日本語が聞こえるとホッとします。
[2010/09/07 09:59] URL | 笛吹花子 #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saigonfuefuki.blog22.fc2.com/tb.php/185-ab97d1d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サイゴンでぴ~ひゃらら


ある笛吹きのベトナム、ホーチミン駐妻日記

プロフィール

笛吹花子

Author:笛吹花子
ようこそ!
生まれは石川、静岡→岐阜→福岡と
流れ流れて今度はベトナム。
笛に出会って、はや○○年。
ベトナムではどんな音が響くのか楽しみです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。