スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
ボンザイ号クルージング
せっかくの正月休みですが、どこへも行く予定を立てていなかったので
ボンサイ号でディナークルーズしてみることにしました。

1日にアオザイツアーデスクで予約したのですが、1日から料金値上がりで
お一人様34ドル、結構高い…
でもスケッチポイントカードを出したら、30ドルになりました。(ポイントも付いた)

サイゴン川をクルージングする船は何隻かありますが、これは4区サイゴン港から出航するボンサイ号。
乗船時間までに現地へ行って、乗船時予約クーポンを渡すよう言われました。

Saigon Port (5 Nguyen Tat Thanh, Dist.4) …ホーチミン博物館のとなりです。

港の前は寿司屋、シーフードレストランなど何軒かあり、賑わっていますが船が見えません。
白い船員服を着たお兄さんに船のクーポンを見せて、どこですか?と聞いたら案内してくれました。

P1020792_convert_20110103185531.jpg ボンサイ号
P1020794_convert_20110103185901.jpg P1020800_convert_20110103190045.jpg バー・スペースもありますよ。

乗船時間になりクーポンを見せると、何だか様子が変。
私達の席がセッティングされてない雰囲気…
「予約を確認するので、バーでお待ちください」ですって。

私達のあと何組かも、待たされているようで、その間乗組員たちはイスやらテーブルやら運んできてセッティングするのに大わらわ。
ふふっ、やっぱりベトナムねぇ~

無事、席が作られ着席。ウェルカムカクテルをいただく。

目の前はビュッフェテーブル。
P1020801_convert_20110103191017.jpg
お兄さんがひたすら海老フライを揚げていました。

P1020805_convert_20110103191829.jpg 
出航!2時間の旅の始まり…
P1020806_convert_20110103192100.jpg 通称イカビル
P1020815_convert_20110103192259.jpg
マジェスティックホテルとベンゲー号(さかな君)
ホントはこれに乗ってみたかったのですが、アオザイツアーでは扱ってませんでした。

船はサイゴン川を上って行き、その間、ビュッフェ型式の食事をしながら
音楽、ダンスなど見せてくれます。
あ、飲み物は別料金ですよ。
P1020829_convert_20110103193058.jpg

私達は飲み物代がかかると思っていなかったので、ダンナは50万ドン、私は30万ドンくらいしか持って行っておらず、ドリンクを何杯もオーダーする気になれませんでした。ははは、、、

川風はなかなか気持ちがよく、水のにおいも全然気になりませんでした。
でも港に戻る頃、結構、川にゴミがたくさん浮かんでいて、これは夜ならいいけど昼間は見たくないなぁと思ってしまいました。

2時間の船旅、ちょっとのんびりできました。

↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
[2011/01/03 17:00] | | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<またタイルが… | ホーム | お雑煮はサービスです>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/01/13 14:20] | # [ 編集 ]
初めまして。ご覧いただきましてありがとうございます。
テトは確かに休む店もありますが、ほとんどということはありません。
中心部は観光客相手に営業しているはずです。正月にあたる2/3と前日は夜の閉店時間が早いと思います。
営業情報についてはどこが発信するかよくわかりませんが、スケッチ(http://www.vietnam-sketch.com/)、ベトナムナビ(http://vietnam.navi.com/)あたりに何か情報がのるかもしれません。
この時期、ひったくり等多くなりますので気をつけて、異国のお正月をどうぞ楽しんでください。
[2011/01/15 22:16] URL | 笛吹花子 #- [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/01/21 07:59] | # [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saigonfuefuki.blog22.fc2.com/tb.php/221-6dcb1daa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サイゴンでぴ~ひゃらら


ある笛吹きのベトナム、ホーチミン駐妻日記

プロフィール

笛吹花子

Author:笛吹花子
ようこそ!
生まれは石川、静岡→岐阜→福岡と
流れ流れて今度はベトナム。
笛に出会って、はや○○年。
ベトナムではどんな音が響くのか楽しみです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。