スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
住民登録
ベトナムの皆さん、、、

皆さん、アパート契約して住む時、パスポートやビザ(レジデンスカード)などのコピーを地区の公安に出して住民登録のようなことしますよね?
そして青い表紙のノートみたいの、受け取りますよね?

うちはその手続きを不動産屋さんに代行してもらっているのですが、いつ更新するとか全然気にしないでいたのです。
前回、ちょうどテト前でしたが、オーナーから連絡があって不動産屋さんにパスポートのコピーを渡してくれと言われたので、その青いノートを見てみると有効期限がきれていました・・・

住民登録の有効期限は6か月らしい。。。

オーナーが気が付いてくれたおかげで、すぐ手続してもらって問題ありませんでした。
あれの手続きには、オーナー側の書類と部屋を借りている人間たちの書類が必要なのか、と学習しました。

そして今月末で、また期限がきれます。

先日不動産屋さんから、オーナーさんが自分の書類を準備していますから、いつでも手続できますよと言ってくれたので、ダンナと私のパスポート、レジデンスカードをコピーして預けていました。

すると不動産屋から連絡があり、「3月くらいからシステムが変わって、本人が出頭しなくてはなりません。自分のスタッフと一緒に公安へ行ってください。」だそうで…
しかも、パスポートは写真のところだけでなく、直近の入国日のスタンプがあるページが必要だそうで…
行くのはダンナの代わりに私でもいいそうなのですが、「念のため、奥さんは自分のパスポート原本を持って行ってください。」だそうで…

なんだか住民登録、厳しくなったのでしょうか?
ベトナムの公安なんて初めて!ちょっと緊張…

今日は不動産屋のスタッフ一緒に、地区の公安へ行ってきました。

パスポートの直近のスタンプのページをコピーしておいてくださいと言われていたので、同行してくれるスタッフの子に渡すと、レジデンスカードのコピーがあるから必要ないですよと言われました。

う~ん、あそこの社長はいるっていってたのに…

地区の公安は、ぼっろくて小さな建物です。エアコンもありません。
入るとすぐ机が2つ、そのうち一つが住民登録係の席のようです。

スタッフの子が青い表紙のノート(登録帳)、オーナー側からの書類、私たちの書類を渡すと、係の女性はちらっと私の顔を見て、青いノートに2行だけ文字を書き込んでいました。(6ヶ月後、次の期限日)
念のため持って行ったパスポートは、要求されませんでした。

私の後すぐ、アメリカ人のパスポートを持って登録に来たベトナム人、韓国人家族の書類を持って登録に来たベトナム人がいました。
彼らは代理人です。
本当に私は来る必要があったんでしょうか…?

3冊の登録帳を持って、係の人は隣の部屋へ行きました。
そして、10分もかからなかったと思いますが、戻ってきて2行だけ書き込んだ文字の下にハンコを押し、終了。
特にお金の支払いとかはありませんでした。(書類にはさんであったかどうかは知りませんけど…)

乗ってきたタクシーを待たせてあったので、スタッフの子と帰りました。
道すがら、「私は公安へ行くのは初めてだった。他の人は外国人が来ていなかった。どうして私は行かなきゃいけなかったの?」と聞いてみましたが、「新しいルールですから。最近変わりました。」とのお返事。
ルールが変わったんなら、他の外国人だって行かなきゃいけないだろうに!と聞きたかったけど、言葉ができないもので。。。

往復のタクシー代67,000ドンは私が払わなきゃならなかったし、イマイチ腑に落ちない1日でした。

皆さんのうちは手続どうでしたか?

↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2011/07/11 17:31] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<TOYOTAコンサート | ホーム | 顔を洗ってください>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/07/12 17:40] | # [ 編集 ]
コメントありがとうございました
[2011/07/17 15:32] URL | 笛吹花子 #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saigonfuefuki.blog22.fc2.com/tb.php/282-b062ae14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サイゴンでぴ~ひゃらら


ある笛吹きのベトナム、ホーチミン駐妻日記

プロフィール

笛吹花子

Author:笛吹花子
ようこそ!
生まれは石川、静岡→岐阜→福岡と
流れ流れて今度はベトナム。
笛に出会って、はや○○年。
ベトナムではどんな音が響くのか楽しみです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。