スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
ダナン&ホイアン②
午前中ホーチミンを出発して、昼にはダナンに到着。
ホテルへは時間より早いけどチェックインさせてもらえたので
タクシーで1時間弱のホイアンへ行ってきました。
ホーチミンと違って車が少なく、どんどん走れるので、
タクシーで1時間っていうとかなりの距離走るわけで、
当然タクシー代は結構高い。。。

まずは昼ごはん。
ホワイトローズを食べたくて、ガイドブックに載っていたTrung Bacに入りたかったのですが、満席っぽい。
どこの国のガイドブックにもこの店は紹介されているってことなのかしら?
しかたなく、隣の店へ。
メニューはTrung Bacと似たような感じ。
でも、とかく売れてる店の隣は大したことなかったりするのよね。。。
P7301054_convert_20110814161749.jpg Trung Bacの隣の店(名前?)
ランチセットは何種類かあって6万ドンか7万ドン(240or280円)だったと思います。
私達は、ホワイトローズ・揚げワンタン・揚げ春巻orつくね・カオラウorミニバインセオのセットとビールを注文しました。
P7301056_convert_20110814161946.jpg P7301057_convert_20110814162020.jpg
P7301058_convert_20110814162049.jpg
P7301059_convert_20110814162126.jpg P7301060_convert_20110814162155.jpg
量は軽めです。

腹ごしらえしてから、観光チケットを買って博物館や旧家など見ながら街歩き。
P7301070_convert_20110814164530.jpg
観光チケット、5枚綴り9万ドン。
地球の歩き方'10~'11版では、
①4か所の博物館
②3か所の中華会館
③4か所のオールドハウス
④2か所の無形文化館(伝統音楽コンサートと手工芸品ワークショップ)
⑤その他(クアンコン廟、日本橋、等)
の部類からそれぞれ1か所ずつしか見られない、ように書いてありましたが
規定が変わったのか、どれでも5か所OKのようでした。
地球の歩き方を信じて、それぞれ1か所を律義に選んでおいたのに、、、

P7301063_convert_20110814163037.jpg 福建会館。ぐるぐる線香と願い事を書いたお札。

P7301062_convert_20110814162959.jpg レトロな床屋。

P7301066_convert_20110814163108.jpg 提灯。夜は雰囲気ありそう…

P7301069r_convert_20110814163151.jpg
この時期中部は南部のホーチミンより暑くて、曇りの日だったけど休憩せずにはいられません。
立ち寄ったカフェ、私達と従業員以外は欧米人。
街並はどこかヨーロッパ風で、歩く観光客も欧米人率が非常に高い。
ここはどこ?海外旅行してる気分でした。

P7301084_convert_20110814164709.jpg P7301083_convert_20110814164643.jpg Image0006_convert_20110814164729.jpg
木造家屋での伝統音楽コンサート。
1日2回のコンサート、この時間に合わせて街歩きしていたので時間近くになったら即、席を確保しました!
私は笛吹きなので、横笛が左向きなのが印象的でした。
ベトナムの横笛って左向き?いや右向きも見たことある…
奏者の効き手によるのかな?…謎です。

ホイアンの古い町並みは狭い範囲にあるので歩いて散策するのにちょうどよかったです。
西洋と東洋が混じりあった、なんとも独特の雰囲気がとても気に入ってしまいました!


↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村














スポンサーサイト
[2011/08/14 17:00] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<KeyHoleTVが見れるんだ | ホーム | ダナン&ホイアン①>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saigonfuefuki.blog22.fc2.com/tb.php/290-59af0825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サイゴンでぴ~ひゃらら


ある笛吹きのベトナム、ホーチミン駐妻日記

プロフィール

笛吹花子

Author:笛吹花子
ようこそ!
生まれは石川、静岡→岐阜→福岡と
流れ流れて今度はベトナム。
笛に出会って、はや○○年。
ベトナムではどんな音が響くのか楽しみです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。