スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
タイルがどんどん剥がれる~
先週、部屋の床タイルが勝手に盛り上がって剥がれたので、オーナーさんと修理業者立ち合いで修理が決まり、月曜から修理開始。
その時点では修理するタイルの枚数は16枚でいけるだろうと思ったのですが…

修理は、浮き上がったタイルを剥がし、下のセメントを削って取り、新たにセメントを流した上に再びタイルを乗せ、目地を石膏のようなもので埋める。
ふふっ、もう4回目ですから手順は覚えましたわ!

何がいやって?

タイルを剥がすため高速回転カッターでタイルの継ぎ目を開く時と、貼り直す時にタイルの大きさを調整するため、そのカッターでタイルを切る時に白い微粉がものすごく舞うのです。

ちょっとでもあとの掃除が楽になるように、家具やエアコン、キッチン、水のボトルなどにカバーをかけておきました。
PC201304b.jpg
こんなのねぇ、日本だったら業者がやってくれるものだけど、ベトナムは全然なし。

さて、浮いたタイルを剥がし始めたら、隣のタイルがどんどん連鎖反応で浮き上がってくる。
たぶん、タイルとセメントの隙間にのみみたいのを当てて、ハンマーでゴンゴンたたいたり、セメントを剥がす時にまた、ハンマーでゴンゴンやるので、その振動で大丈夫な所もひびが入っちゃうんだと思います。

朝8時過ぎから始めて、昼までに25枚のタイルとその下のセメントを剥がし終わり、午後から貼る作業。
この分なら、1日で終わるかな…

ちなみに、この作業ほとんどの時間、マスクをつけて私は同じ部屋で見張っておりました。
修理個所から離れたところにソファーを移動させてあったので、そこに座ってたりして。

午後の作業のため、セメントや砂など運びに作業員が何人も「大丈夫な」タイルの上を歩いていきました。
なんだかミシッっていったような気がするなぁ~
しばらくして、ソファーに座っていた(あぐらをかいて)私の足元から、バシッといって、タイルが勝手に浮き上がってきました。

これが今回の修理において問題になってしまうのですが、それはまた続きで。

午前中剥がし終わったところはタイルを再び貼り、連鎖反応的に浮き上がったタイルはすべて剥がし、合計41枚の修理。
作業中、修理主任の所に電話がきていたので、たぶんオーナーと話していたんだと思いますが、こんなに修理増えちゃってオーナー了解してくれてるのかな?と不安がよぎります。
なにせこういうベトナム語は全然聞き取れないので。

作業が増えちゃったので、今日はここまで。
PC201300b.jpg PC201301b.jpg
まるで廃墟。
ソファー、真っ白!どうしよう…
隣の寝室も埃っぽくて、よっぽどどこかホテルに泊まりたいと思ったけど、ガマン。。。

↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2011/12/21 20:34] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<マダムがブロークンしたと言っています | ホーム | わたしってジャイアン?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saigonfuefuki.blog22.fc2.com/tb.php/317-34a85d12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サイゴンでぴ~ひゃらら


ある笛吹きのベトナム、ホーチミン駐妻日記

プロフィール

笛吹花子

Author:笛吹花子
ようこそ!
生まれは石川、静岡→岐阜→福岡と
流れ流れて今度はベトナム。
笛に出会って、はや○○年。
ベトナムではどんな音が響くのか楽しみです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。