スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
Au Manoir De Khaiで高級フレンチ
お久しぶりです。
テトで日本に帰っていますが、今日は福岡県でも積雪。
南国帰りの体にはこたえますわ。。。
日本で過ごすのもあと1週間ですが、暑いホーチミンが恋しくなってきました。

来週、日本の笛吹き友人(男性)がお友達とホーチミン旅行に来ることになり、
円高満喫で豪華フランス料理をご所望!
って、日本のビジネスマンはそんなにリッチだったかしら?と思いつつ
自分が知らないところにアテンドするのもなんなので、テト前にダンナと下見に行ってきました。

Au Manoir De Khai (251 Pasteur, Q3)

駐在員とは言ってもセレブな生活とは無縁の私たち、こんな豪華な店はキンチョーします。
だってね、門をくぐると…
P1201401_convert_20120202215357.jpg

階段上がると…
P1201391_convert_20120202215009.jpg

こちら99ドルと135ドルのコースがあります。
どちらもワイン1本込み、サービス料7%別のお値段。
スープ、前菜、メイン、デザートが数種類ずつ選べて、2つのコースは料理内容が違います。

私たちは99ドルのコース。
2人なのでそんなに飲めません。スパークリングワイン1本で十分。(三分の二は私が飲んだ?)
P1201390_convert_20120202214928.jpg
黒いグラスは何も入っていませ~ん。
ウェイターさんがビンの底を持って注いでくれたんですが、開けてすぐは手がプルプル震えてたのが可笑しかった!

スープの前にお通し、エビのサラダ
P1201393_convert_20120202215122.jpg

スープ。ホタテ、ロブスター、カニのビスク(クリームスープ)とパイ包みオニオンスープ
P1201394_convert_20120202215140.jpg P1201395_convert_20120202215159.jpg
クリームスープ美味しい!オニオンスープはちょっと薄味?
この縁が黒いお皿、素敵なんだけど運んでくるウェイターさんの指紋がべたべたついて見えるのがイマイチね。

あ、パンの写真は撮ってなかった!

前菜。アヒルのグリルとフォアグラテリーヌのサラダ、ロブスターのサラダ
P1201396_convert_20120202215217.jpg P1201397_convert_20120202215234.jpg
フォアグラって初めて食べたけど美味しいのね、ワインが進みます。
ウェイターさんがスマートな動きでワインを注いでくれるんですが、料理がおいしくてだんだん調子が乗ってきた私は飲むペースが速くなってきます。
次にウェイターさんが回ってくる時にはグラスが空になってて、あわてて注いでくれたりして(爆)

口直しのシャーベット。
P1201398_convert_20120202215254.jpg
ベリー系かな?氷の中には結構度数の高そうなリキュール。
もちろんリキュールごと美味しくいただきました(爆)

メイン。2人ともオーストラリアビーフフィレのグリル
P1201399_convert_20120202215318.jpg
ミディアムの焼き加減が絶妙。やわらかくて美味しかった!
そろそろおなかいっぱいで、豆とマッシュポテトは少し残しちゃいました。

デザート。2人ともブルーベリーチーズケーキ
P1201400_convert_20120202215337.jpg
かなり満腹だったけど、別腹スタンバイ。美味しくいただきました!

いや~贅沢な時間を過ごせました!
これでアテンドもバッチリね、と思って友人と打ち合わせたら、さすがの円高満喫ツアーでもこの値段は想定外だったらしくボツ。
お気楽フレンチの方へアテンドすることになりました。
贅沢な時間はダンナと過ごす方がいいので、ボツでよかったです。

↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
[2012/02/02 23:02] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<今日は節分 | ホーム | オーダーメイドスーツ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saigonfuefuki.blog22.fc2.com/tb.php/328-3d5ff6c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サイゴンでぴ~ひゃらら


ある笛吹きのベトナム、ホーチミン駐妻日記

プロフィール

笛吹花子

Author:笛吹花子
ようこそ!
生まれは石川、静岡→岐阜→福岡と
流れ流れて今度はベトナム。
笛に出会って、はや○○年。
ベトナムではどんな音が響くのか楽しみです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。