スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
9の日のコンサート
ホーチミンにある市民劇場は建物がきれいで観光名所のひとつ。
需要が少ないせいか、いいパフォーマーが来ることは少ないみたいだけど
たまには演奏会などもある。

定期的にあるのが、毎月9がつく日にやるコンサートで
ホーチミン市交響楽団、バレエ団の舞台がある。

あまりうまくないといううわさも聞いていたけど
とにかく音楽に飢えているし、バレエも見たかった。
そして今回の課題は、自力でベトナム語でチケットを買うこと。

先週、劇場の窓口のおばちゃんに、つたないベトナム語で
話しかけ、チケットを2枚買うことに成功した。
それはもう、うれしくてうれしくて・・・

さて、昨日の当日。
8時開演で30分前に行ったら、すでにお客さんがちらほら
入っている。
ほとんど外人しかも白人。
こういう所で見る白人が、巨匠に見えてしまうのは私だけでしょうか?
私達の前には白人男性と一緒にベトナム人の女性が座った。
この女性、開演してすぐもぞもぞと落ち着きがなく、
しばらくすると男性の肩で、寝た。

今回のプログラム。

ベトナム人の若手Vu Viet Anhさん作曲/Sand Dunes for piano,strings and percussions

Verdi作曲/Merce Diletto Amiche
Gounod作曲/Jewel Song この2曲ソプラノCho Hae Ryongさん

Weber作曲/クラリネット協奏曲No.1 ソリスト:Nguyen Anh Sonさん

休憩後、ショパンの音楽によるバレエ「ショピニアーナ」

オケの演奏は思ったより落ち着いていて、ロマンティックな部分では
なかなかの雰囲気を出していた。
ベトナム人の作品は、まだ若い作曲家の作品のようだったが
奇抜な感じがなく、きれいな曲で聞きやすかった。
クラのソリストは上手かった!
私は不勉強で曲は知らないけど、多彩な音色で楽しめた。

休憩中、バレエのために床にラバーシートを貼っていた。
トゥシューズの音は結構大きいものだが、音をさせないためか
滑り止めなのか・・・
オケの名称が Ho Chi Minh City Ballet Synphony Orchestra and Opera
というので、生演奏かとちょっと期待したが、録音だった。

バレエは女性ソリスト数人と男性ソリスト一人、あとは群舞。
ショパンの作品に振り付けされた、小さな作品。
なかなか、よかった。
さすが、足を開いてバイクに乗るベトナム人、
ダンサーの足はしっかり開いてきれいだった!
 
このオケは決して上手くはないけど、毎月演奏するんから、
またいろいろ聞いてみたいと思う。
今回のお客さんもそれほど多いわけじゃないし、そもそも運営自体
楽なものとは思えない。
まだまだ発展途上の西洋音楽、でもせっかく街にプロオケが存在
するんだから、外人じゃなく市民が支えてあげなきゃいけないんじゃ
ないかと思う。
ベトナム人も最近は投資で成功したお金持ちが沢山いるようだから
そういう人はちょっとは文化の発展も考えてくれればいいのになぁと
思った。

↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2009/11/10 18:15] | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<開店情報 | ホーム | インスタント麺>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saigonfuefuki.blog22.fc2.com/tb.php/79-a3ddf513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サイゴンでぴ~ひゃらら


ある笛吹きのベトナム、ホーチミン駐妻日記

プロフィール

笛吹花子

Author:笛吹花子
ようこそ!
生まれは石川、静岡→岐阜→福岡と
流れ流れて今度はベトナム。
笛に出会って、はや○○年。
ベトナムではどんな音が響くのか楽しみです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。