スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
人文大学でぴ~ひゃらら
一緒にアンサンブルしている箏弾きの友達から、ホーチミン社会人文大学で行われる外国人学生のイベントに参加しないかと誘ってもらい、箏&フルートで演奏してきました。

1週間前、リハーサルというかパフォーマンスチェックの日があり、行ってみると、
どのチームも大音響の音楽を使って、歌、ダンス、短い劇などをやっていました。
私達だけ、生音。。。
マイクいる?と聞かれたのですが、マイクなんて通されたらぶち壊しなのでお断りしました。
出番待ちの他の出演者と、主催の関係者くらいの観客の中、演奏を始めても誰も聞いている気配が感じられない。。。
聞いて!こっち向いて!と念を送り続けたら、途中から聞いてくれている気配を感じました。
やっぱりパフォーマンスは気合が必要ね、とあらためて学習しました。

さて、昨日は当日。
箏友にゆかたを着つけてもらって、いざ!
友達は1.8mもある箏をかかえ、私も大きな楽器バックを持ち、ゆかた姿で構内を歩いているとみんなに見られ、何人かに写真を撮られてしまいました。なんか、はずかしい~

PC170722.jpg
エレベーターの前に今日のプログラムが貼ってありました。
『ベトナム語学科フェスティバル』
私達は7番目、「日本の箏、フルート、東西の出会い」

PC170725-2_convert_20101218163526.jpg 開演前

PC170727_convert_20101218164140.jpg PC170729_convert_20101218164215.jpg タップダンスとヒップホップダンス

次は私達。
daigaku.jpg
フルートを吹く私の足元には「蛇腹付きグルグル回るライト」
他のチームの時は、これがグルングルン回ってまるでディスコのようでございましたが
さすがに私達の時は普通の照明で、穏やかにやってもらえて助かりました(笑)

リハーサルで学習したように、「聞いてくれ~」の念が強すぎたせいか、繊細さからは程遠い演奏をしてしまったのが反省点ですが、お客さんの暖かい拍手をもらい、どうにか終わりました。

PC170738_convert_20101218164244.jpg トルクメニスタンのダンス

PC170739_convert_20101218164313.jpg PC170746_convert_20101218164344.jpg 何かの武道

と、ここまで見て途中で帰宅しました。
会場は満員のお客さんで、みなさん楽しんでいました。
こんなイベントに参加できるなんて、なかなかないチャンスだったので、うれしかったです。

↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村









[2010/12/18 17:22] | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |
クリスマスコンサートしました
クリスマスにはちょっと早いですが、アンサンブル仲間とクリスマスコンサートをしました。

xmas_concert2_convert_20101212172101.jpg

今年9月以降、急にご近所に2人も楽器をやる人が見つかって、
ピアノ、箏、フルートなんて異色の編成ですが、アンサンブルしています。
ホーチミンへ来て以来ずっとアンサンブルに飢えていた私としては
彼女たちに出会ってから、幸せな毎日を送っています。

3人でアンサンブルを始めてすぐ、ホームコンサートをやろう!ということになりました。
まだ始めたばかりだし、どこまでできるかもわからないので、まずは個人宅で
本当に少しだけお客さんに来てもらうことにしました。

プログラム

1.愛のあいさつ(エルガー)…フルート、箏、ピアノ
2.子守歌(フォーレ)…フルート、ピアノ
3.ふるさと(文部省唱歌)…フルート、箏
4.ありがとう(げげげの女房テーマソング)…フルート、ピアノ
5.六段の調…箏
6.アメージンク・グレース…アルトフルート
7.クリスマス・メドレー…ピアノ

いつも、本番が始まって7,8分過ぎると、それまで平気で吹いていても
なぜか急に上がって、唇がブルブル震え、息が乱れてきます。
今回もやはり3曲目くらいでブルブルが始まって、持ちこたえるのに一苦労でした。

3人ともそれぞれ、ちょっとづつ何かやらかして、反省点は多々ありましたが、
演奏が終わった時、来てくれたお客さんにはたくさん拍手してもらって、
うれしかったのと緊張が解けたせいか、涙が出てきてしまいました。

またこれからも異色のアンサンブルではありますが、何ができるか試行錯誤しながら
少しづつ広いスペースで演奏する機会をつくりたいなぁと思っています。

↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
[2010/12/12 18:04] | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ショパンコンクール優勝?
ベトジョーを見ていたら

「ショパン国際ピアノコンクール、越人少女が優勝」なんて見出しが!

そんなわけないでしょ?と思いつつ記事を読んでみると

”シンガポールで1日~5日にかけて開催された第1回シンガポール・ショパン国際ピアノコンクール14歳以下の部門で、同音楽院に在籍するホアン・ファム・チャ・ミさん(13歳・女性)が最優秀賞を受賞したと発表した。”---だそうで…
詳細はこちらでどうぞ。 
http://www.viet-jo.com/news/entertainment/101208072548.html

本家本元、ポーランドで開催されるコンクールとはわけが違いますよぉ。
まだ第1回の開催ですから、数十回繰り返せばいずれいい演奏者も生まれてくるでしょう。
まだまだ先は長いですね。
若い才能ある音楽家を世に出す為にも、主催者には長く続けていただきたいものです。

はぁ~それにしてもホーチミンの音楽レベルというか聴衆のレベル、もうちょっとなんとかならないのかなぁ…


↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
[2010/12/09 22:49] | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |
韓国でぴ~ひゃらら 本番編
韓国3日目、今夜は本番。

この日も7時に起きて朝食を食べに。
そろそろ韓国料理にも飽きてきました…

4時からリハーサル、8時から本番で、2時にお迎えのバスが来るのでそれまで自由時間。
連日の睡眠不足に耐え切れず、朝食後は部屋で爆睡。
本番と打ち上げに備えて、昼食を買いに出る以外は外出せず、荷物の整理をしたり、仲間と積もる話で時間を過ごしました。

お迎えのバスに乗って、演奏会場ソウルKTホールへ。
キャパ400人ほどの小さなホールでいい音がしていました。
室内楽には最適じゃないでしょうか。

リハーサル中に写真撮影があるというので、本番の衣装でリハーサル。

演奏する曲順は聞いていたけど、進行をまったく知らされていなかったので、かなりとまどいました。
韓国の方たちは演奏会自体経験がないらしく、どのタイミングで入場する、立つ、退場するとか、いちいち練習するのが煩わしかったです。

もうリハーサル時間は押しているのに、まだ写真撮影だと言って拘束される。
あと30分で開場時間なのに、食事なんてできるの?

しかも食事は外の店で、本番の衣装の上からコートを羽織り、10分くらい歩かされました…
白いスープの牛肉入り麺オンリーの店らしい。
風邪でぼーっとした体には、栄養がつきそうな熱いスープ。
時間がないので、半分残し、ホールへ戻って準備。

8時、さぁ開演。

照明が暑くて、頭がぼーっとしてくるのを必死で集中させる。
みんなの演奏はとてもいい感じで、お客さんの反応も良く楽しんでもらえたようです。

終演後、楽屋で日本から観光をかねて聴きに来た仲間と再会したり、韓国の方と写真を撮ったり。

打ち上げ開始は11時ころだったでしょうか。。。
演奏会後に打ち上げがない、のはありえないけど、この時間からはちょっとキツイ
練習ではなかなか韓国の方と話せなかったので、ぜひ打ち上げで、と思ったのですが、あちらも私もシャイなのでやっぱりなかなか話せず、少し残念でした。
フルートオーケストラについて、いろいろ話してみたかったんだけどなぁ…

宿舎に戻ってしばらくして、韓国側の役員の方たちが、一人一人にお土産や私にはアレンジ料を持ってきてくれました。
韓国人はおもてなしがすごいとは知っていたけど、日本で演奏会の運営をするには予算を切り詰めてやってきているから、練習の時のおやつ代、食事代、お土産代…いったいいくらかけてこの演奏会を開いたんだろうと心配になってしまいました。

3時就寝、本当に長い1日でした。。。

↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
[2010/11/14 10:39] | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |
韓国でぴ~ひゃらら 練習編
3日朝7時、インチョン空港着。
日本からみんなが着くのが12時。
1人で市内に入ってぶらぶらする勇気がなく、5時間空港で待つことに。

外気温は-1℃とか言っていたけど、空港の中は暖かくブラウス1枚でも平気。
広い空港内を4階から地下までまんべんなくまわり、お茶して、ネットして満喫。

やっとみんなと合流し、お迎えのバスで移動し、途中インサドンで韓定食をごちそうになり、ちょっと観光。
HCMの7区以上にハングルだらけで、韓国語しか聞こえないのに日本人のグループで行動し、言葉も通訳してもらえるので、日本にいるかのようにまったく違和感を感じません。
バスでの移動中、外の景色を見ていると、坂が多い街並みや建物の並びが日本の金沢に少し似ている気がして、懐かしくなりました。

宿舎についたのは練習時間少し前。
この宿舎内で合奏の練習ができたのでとてもありがたかったです。

私は情けなくも、時々間違えたり、鳴らなかったり、タイミングがずれたり…
きっと隣に座っていた韓国の方には、下手っぴいがやって来たって思われただろうなぁ。。。

韓国の方たちはよく練習してあって、よく揃っていました。
コンチェルトのソロは、はたしてそれがこの曲にふさわしい演奏なのかと疑問を覚えるような演奏だったけど、ソリストがそう演奏したいなら伴奏の私たちは合わせなきゃいけないし、指揮者とソリストをじっと見つめ、気配を感じるのに必死。。。

6時半から始まった練習は、途中おやつ休憩をはさみ10時まで。
風邪気味だし疲れていたけど、練習後豚焼き肉の店に行き、お肉を食べSOJUを飲んだら、すっかり元気に。
12時半に宿舎に戻り、3人部屋なので3人ともシャワーを浴びて寝るころにはもう2時。

長い1日でした・・・

韓国2日目。
宿舎の朝食は8時から9時だったので、7時にセットしておいた携帯のアラームで起き、支度をして食べに行きました。
朝食から韓国料理…ご飯は五穀米みたいな物、タッカルビみたいな物、キムチ、スープ、その他。
朝はいつもパンの私としては、重たいメニュー。

夜の練習までは自由時間。
ミョンドンへ行くことにしていたので、そうそうに出かける。
どうしてもコーヒーが飲みたかったので、グロリアジーンズに入って一服。
眠気も醒めたところで、メガネを作ることに。

適当に入った店がなかなかいいお店で、日本語で対応してもらえ、5900円ほどでメガネができました。

ランチは太刀魚、カニのしょうゆ漬け、定番の小皿料理でおなか一杯!

その後マッサージへ行き、みんなは全身、私は足マッサージを受け、リフレッシュしてから化粧品屋を回り、ロッテマートでお買い物。
ホーチミンと違って本家本元のロッテマート、大きいねぇ。
すでに夜の練習時間まで時間がなかったのでお土産などさ~っと買って宿舎へ戻りました。

その日の練習から、バスフルートは最強の先生2人が参加されたので安心安心。
前日の練習でも思ったけれど、演奏上でも運営上でも、これはいかがなものかと思うような場面で、先生方は余裕たっぷりで決して不満を言われることがない…
なんて大人なんだろう!

練習後は部屋が一番広いからという理由で、私たちの部屋で反省会と称した飲み会。
みんな眠いので、そこそこにして解散。

この日も長い1日でした。
さぁ翌日は演奏会本番!

↓よろしかったら押してくださいませ~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
[2010/11/12 23:31] | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |
前のページ | ホーム | 次のページ
サイゴンでぴ~ひゃらら


ある笛吹きのベトナム、ホーチミン駐妻日記

プロフィール

笛吹花子

Author:笛吹花子
ようこそ!
生まれは石川、静岡→岐阜→福岡と
流れ流れて今度はベトナム。
笛に出会って、はや○○年。
ベトナムではどんな音が響くのか楽しみです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。